FC2ブログ

山形県内に道場・教室を持つ 公益財団法人 合気会公認の合気道団体です。 初心者から経験者、男女問わず入門できます。

山形の合気道・白田林二郎先生

~山形の四方投げについて~

四方向への四方投げとみそぎについて
  「山形の四方投げは表裏ではなく四本あるのか?」 
   ~船越光雄師範より、寄稿いただきました~ 

白田林二郎師範の遺稿から一部抜粋いたします。
「四方感謝の礼拝の念(四方拝)より湧出した武技が、四方投げの技であり四方切りの剣法の表現である。
 礼の心は、有難うございますという感謝の心である。何に感謝をするか。四恩である。一、天地。二、両親。三、国土。四、社会衆生。天地なくして我に生命なく、両親なくして我が身なし、国土なくして住む家なく、衆生なくして生活なし。
 また、四恩の中に四つの心がある。一、感謝と祈り。二、禊。三、自己開拓。四、無償の奉仕。この武道的表現として四方投げがある。
武技は礼の表現であり、感謝の表現即ち行動であり、行(おこなう)を追及している。我、今此のために受け難き人身を此の身に賜り、此の豊かな世に生まれさせて戴き、生活させて戴いておりますことに対して、四恩に感謝と御礼を申し上げる。これ礼の始まりであります。感謝御礼の心も意思も行動に表現すること、即ち報恩の行為、此のことが礼を行うという。」
みそぎについて、「みそぎ(合気道即ち体術、剣、杖)は自らの神霊のみそぎは勿論、自己のみそぎを通して有縁無縁の人々の神霊を清浄ならしめ、社会を浄化し世界を浄化し、人類の幸福を祈念する祈りの修行である。合気道は、自己の修業を通して他を救い生かし、社会が、世界が合気で結ばれますように、みそぎの道、祈りの道であります。」

 以上、合気道は相手と競い争う武道でなく感謝と祈りの武道であり、生命の賛美と報恩、そして心魂の浄化を表現する武道であることがお分かりのことと思います。
一般的に合気道の技は表と裏の二方向の動きになっておりますが、白田先生の特徴は感謝と祈りの四方への礼拝の考え方から、基本的な形として四方向への体捌きになっております。
長年合気道を続けている方はお分かりのことと思いますが、相手の攻撃(力)は一方向ばかりでなく、突いたり引いたりする前後の動き、横や斜めといった左右の動き、そして高低差による上下の動きが微妙に変化しながら向かってきます。後ろ技を含め、このような多方面からの攻撃や動きは単なる型や形では対応が難しくなり、無理やり力ずくで相手をねじ伏せることになります。これでは合気道になりません。腕力になってしまいます。力の方向によって四方八方十六法自在に動く多方面に対応する動きや体捌きが求められます。その基本動作として白田先生は30°、45°、90°、180°、270°、360°といった体捌きを教えられておりました。全方位に対応する動き方です。
戦前の武道は時に命のやり取りであり、現在のスポーツ的試合(ゲーム)とはかけ離れ、勝負は生死を賭ける「死に会い」に通じるもので、死ぬか生きるかの厳しい状況下で如何に身を守るかを実践していたようです。
「世界人類が平和でありますように。世界人類が愛の気(合気)で結ばれますように。守り給え、幸い給え。惟神御霊幸倍坐世、惟神御霊幸倍坐世」と太平洋戦争を体験され平和の尊さを知る白田先生は、心底から祈られておりました。四方への祈りと感謝が四方への動きである体捌きとなり、四方投げだけでなくあらゆる技に白田先生独特の体捌きである四方向への技を系統立て、構成なされたのではと考えています。                   (記 船越光雄)

山形の合気道・白田林二郎先生

故白田林二郎師範 御略歴

白田先生
白田林二郎師範 御略歴

明治45年   3月29日、山形県西村山郡朝日町大字大谷に出生
昭和6年 皇武館、植芝守高(盛平)先生の内弟子として入門
           道場内に寝食、開祖先生の御供をして修業
昭和12年 大阪駐在となる
12月召集
昭和20年 ビルマにて終戦
昭和21年 7月復員、再び合気道に志す
昭和34年 青森県支部開設師範、青森刑務所合気道師範
昭和37年 合気道開祖 植芝盛平大先生直筆の八段の證をいただく
昭和41年 山形大学合気道部師範
昭和44年 開祖御昇天の年、(財)合気会山形県支部開設、一般に普及
昭和47年 合気道二代道主植芝吉祥丸先生より九段の證をいただく
昭和48年 東北合気道連盟初代会長に就任
昭和52年 山形市体育協会加盟、協会理事(合気道)
昭和53年 ハワイホノルルの第2回国際合気道連盟総会の高等評議会議長として出席、及び演武大会に出場
昭和54年 開祖御昇天第10周年記念第8回全東北大会を山形にて道主植芝吉祥丸先生をお招きして開催
昭和55年  フランスパリの第3回国際合気道連盟総会に全日本合気道連盟理事長及び国際連盟高等評議会議長として出席
昭和56年 (財)山形県体育協会に加盟
昭和57年 中華民國合氣道協會の招きで山形の選手10名と共に親善の稽古及び交流の演武大会に参加出場
昭和58年 開祖生誕百年記念第10回全東北大会を盛岡で開催
昭和59年 米国中西部合気道連盟の招きでシカゴ市にて山形の選手4名と共に講習会、親善稽古、交流演武会に出場
開祖御昇天第15周年・第4回国際合気道連盟総会東京で開催
全日本合気道連盟理事長、国際連盟高等評議会議長として出席、また講習会講師となる
昭和60年 日本武道館鏡開き式にて、武道功労章(合気道)を受章
全日本合気道連盟理事長に再任
全日本合気道演武大会に選手3名と共に出場
開祖御昇天17回忌合気神社大祭に参加
昭和61年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席
全日本合気道演武大会出席
全東北指導者講習会(会津若松市)に道主と共に講師として出席
県内各支部巡回強化指導される
昭和62年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席
福島市での全東北合気道演武大会に会長として出席演武される
全日本少年合気道練成大会に真室川道場の子供達と初めて参加
鶴岡支部(プラスワン)、新庄支部(市体協)の発表会(小演武会)に出席
昭和63年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席
全東北指導者講習会出席
全日本演武大会で演武される
山形県総合体育大会(合気道演武大会)の喜寿記念演武大会で演武される
平成元年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席
全東北演武大会(秋田)、全日本演武大会で演武される
山形県支部発足20周年記念として、本部道場長植芝守央先生(現道主)をお招きして特別講習会を開催する
平成2年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席 全日本演武大会で演武される
出羽三山にて山伏を先達として、禊の全東北指導者講習会を開催、また斉藤守弘先生をお招きして杖の禊を羽黒山で行う
平成3年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席全日本演武大会で演武される
           第14回全東北演武大会を山形にて道主植芝吉祥丸先生、李清楠先生をお招きして開催
平成4年 本部鏡開き式、合気神社大祭出席  全日本演武大会に選手4名と共に出場、演武される
           全東北指導者講習会(八戸市)に本部道場長植芝守央先生と共に講師として出席
平成5年 日本武道館鏡開き式にて、(財)合気会山形県支部が武道優良団体として表彰される
5月29日 御逝去 同日付けにて道主植芝吉祥丸先生より十段の證を頂く
プロフィール

山形県合気道連盟事務局

Author:山形県合気道連盟事務局
各種問い合わせは各道場、
もしくは下記のメールフォームから
ご連絡ください。

連盟事務局 :太田裕治
ブログ管理人: 橋本多恵子@山形道場

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1040位
アクセスランキングを見る>>

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ